実はとても重要なやつ

悪玉コレステロールを下げたい方にオススメの食品を紹介してくれているサイトを参考にあなたも体を健康にしましょう。

コレステロールは動物の体内にある脂質の一種ですが、細胞膜や筋肉を形成するホルモンの原材料や栄養分の分解、栄養を吸収するために必要な胆汁酸の原材料などといったように、身体にとってとても大切な役割を果たしています。近年良く聞かれるようになった悪玉コレステロールは、実は大切な役割を果たすコレステロールなのですが、それ以上に動脈効硬化を引き起こす危険因子として知られています。元々コレステロール自体には善玉や悪玉といった括りは無いのですが、コレステロールと結びつくタンパク質の種類によって善玉と悪玉に区別することができます。悪玉コレステロールと呼ばれてはいますが、そのもの自体は決して悪いものではないのです。身体の細胞がコレステロールを必要としている場合、各細胞に運搬する働きを担っているのは悪玉コレステロールなのです。しかし、細胞が必要としているコレステロールの量には限りがあります。そのため、血液中に増えてしまうと血管壁に沈着してしまい動脈硬化を引き起こしてしまうのです。身体にとって良い働きをしているにも関わらず、こうしたことが原因で悪玉と呼ばれてしまっているのです。

悪玉コレステロールの粒子の大きさは実は一定ではなく、粒が大きいものと小さいものがあります。粒が小さく比重が重い悪玉コレステロールが血液中に増えてしまうと動脈硬化がより強く促進され、様々な病気の原因となってしまいます。こうした小さな粒に含まれるコレステロールは超悪玉コレステロールと呼ばれています。小型の悪玉コレステロールは粒が小さいため、血管壁に入り込みやすいという特徴を持っています。そのため、粒が大きいものよりも動脈硬化を引き起こしやすいのです。また、通常の悪玉コレステロールよりも抗酸化物質の含有量が少ないため酸化を起こしやすいのです。更には、比重が重いことで血液中に留まっている時間が長いのです。こうしたことが要因となり通常の悪玉コレステロールよりも動脈硬化を引き起こしとされています。悪玉を排除するためには食生活の見直しや生活習慣の改善が必要不可欠です。しかし、中々意識して改善するには難しいと感じる人も少なくないです。近年では、悪玉改善のための健康食品が色々販売されています。サプリは持ち歩くこともできるため、日々の生活に簡単に取り入れることもでき注目されています。

野菜と女性

注目記事

善玉を増やそう

野菜類

悪玉コレステロールが引き起こす動脈硬化により、死にも繋がる生活習慣病を引き起こす確率が増えることがわかっています。悪玉を減らし善玉を増やすために生活習慣を見直す必要があります。

もっと

悪玉が増える原因

野菜を調理

悪玉コレステロールが増える原因は生活習慣と密接に関わっていることがわかっています。食生活が原因の大部分と考えられてきましたが、それ以外にも多くの習慣が身体を脅かす要因となっています。

もっと

健康食品で改善

笑顔の男性

悪玉コレステロールの数値を減らすためには、生活習慣を改善し有効な成分を身体に取り入れることが大切です。しかし、最近ではサプリメントなどの健康食品が販売されているため、手軽に生活に取り入れることができるようになっています。

もっと